岐阜県/可児郡御嵩町/美濃加茂市/美容室 An Reve/アン レーブ/空間

an56.jpg①ヘッドスパルーム(個室)an54.jpg②スタイリングスペースan55.jpg③プライベートスペース(個室)an60.jpg④待合スペース
ar2.jpg⑤エントランス ar3.jpg⑥シャンプースペースと作業スペースar30.jpg⑦シャンプースペース上部から3.jpg⑧スタイリングスペース
ar40.jpg⑨外観an51.jpg⑩庭


アンレーブの空間について

①:癒しのヘッドスパルーム
②:天井の高い開放的な空間
③:個室のプライベート空間
④:カウンタースタイルの待合
⑤:外壁が貫入するエントランス
⑥:黒い箱内にシャンプー空間
⑦:シャンプーBOX上から俯瞰
⑧:気持ちのよい吹き抜け空間
⑨:白と黒による個性的な外観
⑩:シンプルでモダンな庭園

画像はクリックで拡大します


anreve図面元データ.jpg

DATA
所在地    岐阜県可児郡御嵩町
用途     美容室併用住宅
構造     木造
規模     2階建
敷地面積   490.99平米(148坪)
建築面積   93.89平米(28.5坪)
延床面積   148.54平米(45坪)
店舗面積   17.2坪
住居面積   27.7坪
セット面   3台(内1台個室)
シャンプー  2台(内1台個室)
駐車場    5台
設計
クニヤス建築設計/武田邦康
施工
株式会社 近江産業/岩崎元一
設計期間   2010.01〜2010.05
施工期間   2010.06〜2010.09

建築家による空間コンセプト

敷地はかつて中山道の宿場街として賑わいを見せたであろう旧街道沿い、岐阜県可児郡御嵩町に位置する。
前面道路の向かいには小学校の正門が構え、南西方向に開けた150坪の敷地に店舗併用(美容室)住宅を計画した。この地で新規オープンすることからインパクトある外観、店舗と住居のファサードの一体感を求められた。

そこに妻入りの切妻屋根のボリュームが2つ連続するイエガタの建築を計画した。

10台分の駐車スペースを希望されたことから、前面を駐車スペースとし建物を敷地幅いっぱいに計画した。店舗と住居は中庭を囲んだL型に配置することでプライバシーを守りながら中庭を共有する平面構成とした。店舗を平屋、住居を2階建てとし、それぞれが屋根を持ち2つの三角屋根が立ち上がる断面計画である。ファサードは店舗を黒色、住居を白色とし、屋根勾配のラインによって切り替えられたボリュームであり、店舗併用住宅の新しい建ち方を考えた。

店舗エントランスは外壁仕上げの色が切り替わる交点に位置する。内部は天井の高い開放的なワンルームの中心にスタイリング席を配し、南側との間仕切り壁によって個室のスタイリング席、スパシャンプー席を設けた。プライバシーを守りながら空間の一体感や開放感を感じられるよう間仕切り壁は屋根面へ垂直に伸ばして開口を設けた。

エントランスから続く黒く染められた杉板で仕上げられたBOX部はセミオープンのシャンプースペースとして中央に位置し作業スペースからは全体を俯瞰できる。開口部は採光、通風を考慮した配置とし、空や緑を切り取る。屋根面の頂部にはトップライトを設け、季節や時間毎に変化する光が空間を豊かにする。

黒と白の三角屋根をもつイエガタの建築が、6年間対峙する小学生の記憶に残るような地域のランドマークを目指した。

(武田邦康/クニヤス建築設計